審判による配偶者居住権

審判のばあいには、配偶者居住権は、合意が成立しているか、居住建物の所有者の受ける不利益の程度を考慮してもなお、配偶者の生活を維持するために特に必要があると認めるときに認められることになります。

配偶者居住権

民法改正で認められた配偶者居住権は、遺産の分割によるとき、遺贈の目的とされたときには、配偶者が、被相続人の財産に属した建物に相続開始のときに居住していた場合に認められる、その建物を使用および収益をする権利です。

7月6日の民法等の改正

7月6日の民法等の改正で、家事事件手続法の一部改正としては遺産分割前の預貯金債権の仮分割の仮処分、特別の寄与に関する審判事件があげられています。

7月6日の民法等の改正

7月6日に「民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律案」が、国会で可決成立しました。
民法の改正としては、配偶者の居住の権利、遺産分割等に関する見直し、遺言制度に関する見直し、遺留分制度の見直し、相続の効力等に関する見直し、特別の寄与があります。

法律ニュースのスキル

駒澤綜合法律事務所は、法律ニュースをアマゾンのechoで聞くことができるようなスキルを準備しています。もしかすると日本初かもしれません。

駒澤綜合法律事務所のリーガルニュース

駒澤綜合法律事務所のリーガルニュースの頁をつくってみました。
近頃は、債権法改正・相続法改正などのニュースが目立ってきています。
このようなニュースを意識して拾っていけるといいなあと思います。