遺産の分割前における預貯金債権の行使

遺産に属する預貯金債権のうち法定相続分の3分の1までは、単独で、権利を行使することができるとされています。この場合、行使した額については、遺産の分割により取得したものとみなされます。