婚姻期間が20年以上の夫婦における居住用不動産の遺贈または贈与

婚姻期間が二十年以上の夫婦の一方である被相続人が、他の一方に対し、その居住の用に供する建物又はその敷地について遺贈又は贈与をしたときは、特別受益の適用を受けない財産にするという意思表示をしたと推定するとされています。