所有者への連絡

居住建物が、修繕を要する場合であって、配偶者がみずから修繕をする場合でない場合や、権利を主張するものがある場合には、配偶者は、所有者に対して遅滞なく通知をしなければならないのが原則です。