建物の修繕等

配偶者は、居住建物の使用および収益に必要な修繕をすることができます。また、配偶者が相当の期間内に必要な修繕をしないときは、所有者は、その修繕をすることができます。