審判による配偶者居住権

審判のばあいには、配偶者居住権は、合意が成立しているか、居住建物の所有者の受ける不利益の程度を考慮してもなお、配偶者の生活を維持するために特に必要があると認めるときに認められることになります。