他の者がその共有持分を有するとき

配偶者居住権は、他の者がその共有持分を有するときは、居住建物が配偶者の財産に属することとなった場合であっても、消滅しません。