配偶者居住権

民法改正で認められた配偶者居住権は、遺産の分割によるとき、遺贈の目的とされたときには、配偶者が、被相続人の財産に属した建物に相続開始のときに居住していた場合に認められる、その建物を使用および収益をする権利です。